【クレジットカードの選び方!】旅行に行くときのおススメカード!

旅行

はじめに

近年ではキャッシュレス化が進んでいるため、クレジットカードが必需品となってくる日が近いのではないでしょうか?

「クレジットカードなんてどこで作っても変わらないでしょ?」

と考えているあなた!!大間違いです!
クレジットカードには「保証がついているカード」や「お得なポイントをもらえるカード」など様々な違いがあります。

これらを何も考えずに作っていると損をしている可能性があります。
このブログではそのように損をしている人を一人でも少なくできたらなぁと思いますので是非ご覧ください!

目的ごとにカードを選んでいってください。

ちなみに年会費・入会費無料のものしか紹介していません。

メリット

クレジットカードを持つメリットはたくさんあります。

  • 現金を持ち歩く必要がなく安全
  • ポイントが付く
  • 増税のタイミングでポイントバックがある
  • 簡単なローンを組むことができる。
  • 旅行の保証がついている

など様々なメリットがあります。
しかし、日本ではまだキャッシュレス化が進んでいないのが現実です。
それはなぜかというと、日本は高齢の方が大多数なので高齢者がキャッシュカードを作っていないからです。

60年間現金で支払いをしていたため、今までの生活に変化を求めたくないのが現状です。
高齢の方が多いためキャッシュレス化が進んでいないのですが、若者の間では非常に進んでいます

その理由は、海外にはばたく人が増えているからです。
最近は海外に行くことが簡単になり、現金でもっていくと為替の両替手数料を払わなければいけません。
それがクレジットカードなら、海外は基本的にキャッシュレス化されているので現金を外国の通貨に換える必要がなく、両替手数料がかかりません。

また、海外の通貨は見分けがつかないものもありますが、クレジットカードならお金の種類を間違えることもありません。

このようにクレジットカードのメリットは非常に多いです。



ここからは、それぞれの生活に合ったクレジットカードを紹介していきます。

国内外どこでも使えるカード会社は?

旅行に行くときのカードの選び方には注意が必要です。
その国でどの会社のカードが使えるか!


海外では基本的にカードを使うことができますが、どこの国でもほとんど使える会社を紹介します。
日本では「VISA」「Master Card」「JCB」が主流ですが、私の経験から 「VISA」「Master Card」 はどこの国でも利用することができます。

そのため 「VISA」「Master Card」 を中心にカードを紹介していきます。

ポイント還元率が高い

リクルートカード

通常のカードだったら基本的には1%の還元率が多いですが、「リクルートカード」ではなんと1.2%もポイント還元があります!

たかが0.2%の違い度と感じる人もいるかもしれませんが、この0.2%が大きいのです!

例えば月10万円使う人がいるとしたら、
1%なら、、、、10万円×1%=1,000円
1.2%なら、、、 10万円×1.2%=1,200円 

たった1か月で200円も変わってきます!
もし、娯楽費だけではなく、生活費もカードで払うようになれば付き20万円つまり月々400円分も差が出てくるのです。
1年間で4,800円分もの差が出てきます!
「ちりも積もれば、、、」というやつですね。

同じように生活していてもこれだけの差が出てくるのであれば間違いなく少しでもポイントが高いものが良いと思います。

旅行保証付き

三井住友カード

安心安全の三井住友のカードです。

18歳から25歳限定   三井住友デビュープラスカード
定番の一枚       三井住友クラシックカード or 三井住友クラシックカードA
女性向け        三井住友アミティエカード
20代限定        三井住友プライムゴールドカード  
上質を求める方へ    三井住友ゴールドカード

上記の5種類のクレジットカードがあり、①~③までは条件付きで年会費が無料になっています。

こちらの三井住友カードは旅行の保証がしっかり付属しています。

①はついていません
②クラシックカード  最高2,000万円の海外旅行傷害保険
 クラシックカードA 最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険
③ 最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険
④ 最高5.000万円の海外・国内旅行傷害保険
⑤ 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険

無料でクレジットカードを作れる③のカードでしたら旅行保険が最高2,500万円もついているため非常に保証がしっかりしていると思います。

優待が多い

エポスカード

エポスカードは店頭で使う(カードを掲示する)とお得になる店がかなり多いです!

飲食店だけでも約8,000店舗近くでお得にすることができます。
カラオケは約1,500店舗
美容院やネイルは約1,000店舗
非常に多くのお店で割引や特典を受けることができます。

例えば、、、

横浜らーめん 壱八家 スカイビル店・・・「トッピング1品or半ライスサービス 」がもらえます。
笑笑 青山1丁目駅前店・・・ 「お会計金額より1,000円引き 」
ビバパエリア 諏訪店・・・「 チョリソーのホイル焼きプレゼント!! 」

などなど書いていたらきりがないのでこの辺にしておきますが、様々な特典が全国各地で受けられます。
自分が行きたいお店があるかはこちらから確認できます。

使わなくても持っているだけでもお得なので作っておいて損はありません!

学生におススメ

青山LIFEカード

こちらのカードは新社会人を迎えるまでの学生にとっては、いくつもの割引や特典があるので学生のうちにポイントを貯めて、スーツや革靴を買うための資金にすることができます。

割引

青山カードを掲示すると20%割引
誕生月は25%割引

ポイント

カードまたは現金でのお支払いで4%還元

入会特典

①WEB入会で2,000円引きクーポン
②3,000円割引券
③25%OFF優待券

1年間継続特典

① 3,000円割引券
②1,000円割引券
③ 25%OFF優待券

さらに学生の方は卒業してからも学生特典が1年間も続きます!

まとめ

クレジットカードを作るメリットはたくさんあります。
増税のタイミングでキャッシュバックされる点もありますし、現金を持ち歩く必要性が無い点、お財布がかさばらないなど、メリットが非常に大きくなっています。将来的には日本もキャッシュレスに慣れておかないと不便になる世の中が来ると思いますので、少しでも早いタイミングで慣れておいてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました