【2泊3日】広島観光モデルコース! 割引を活用して宮島を観光しよう!

旅行

始めに

久しぶりに3連休があるから家でゆっくりしますか?それとも旅行に行って家族と楽しみますか?
どうせなら二つ同時に行いましょう!

そこで今回は実際に私が行ってみて体験したことを書いていこうと思います。
連休が取れたため少し足を伸ばしてみようかなと思い広島に行きました。

広島といえば「お好み焼き」「牡蠣」「厳島神社」「原爆ドーム」、、、など様々なものが思い浮かんでくると思いますが、私が実際に観光した宮島2泊3日コースを紹介していきます。

広島全体の観光を知りたい!という方はこちらから!



最後にはお得な情報も載せています!

アクセス

車をご利用の場合
フェリーをご利用の場合
飛行機をご利用の場合

宮島

宮島は家族で訪れるには非常におススメの場所です。
その理由は、大人は鳥居や本殿でゆっくり観光出来ますし、島内には鹿がたくさんいますのでちびっ子も飽きることなく楽しめます。

厳島神社

宮島といえばやはりこちら!「厳島神社」です!
広島に来て日本三景である厳島神社を見ないのは非常にもったいないです。

海に浮かぶ大鳥居は実は海中に埋めているのではなく立っているだけらしいです。
普通の鳥居なら足は2本なのですが、厳島神社は足が6本あります。
この6本足で鳥居のバランスをとり、長い年月を経ているみたいです。

厳島神社の見どころは実は時間によって変化していきます。
どういうことかというと、夕方で全く見え方が変わってきます。さらに、満潮、干潮でも違う景色がみられるため、時間を変えて訪れることをお勧めします。

私の趣向ですと夕方が一番きれいに見えたと感じました。

ちなみに干潮の時は潮干狩りをすることができ、鳥居をくぐることができます。
なかなか海に立っている鳥居をくぐる経験をすることができないので、干潮の際はぜひくぐってみてください。


様々な景色の厳島神社を見るためには、宮島に泊まることをお勧めします!

本殿

厳島神社も神聖な場所なのでしっかり本殿があります。


見取り図はこのような感じになっています。

本殿に入るには「拝観料」が必要になってきますが、高くはないため気楽に入れます。

中に入ると朱色の綺麗な柱がずらーーっと並んでいます。

しっかりお賽銭箱もあるため御利益を頂いておきましょう。

本殿を歩いていると反り立った橋があります。
これは、神事などの祭典を行うときに使われるらしいです。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、実際に見てみるとこの橋を歩くことがどれだけ難しそうかわかると思います。

拝観料料金

大人300円
高校生200円
小中学生100円

ナイトクルーズ

厳島神社を遊覧船に乗ってナイトクルーズすることもできます。
ガイドさんが厳島神社の歴史を案内してくれて、鳥居に近づくことができます。



私が乗ってみての感想ですが、正直がっかりしました。
その日はたまたま工事中ということがあってあまり近づけなかったこともありますが、ライトアップはしょぼいし、スマホカメラは綺麗に取れないしで、あまり思い出になる経験ではなかったです。


ちなみに私が乗った時間は20時くらいで遅めでした。
もしかすると少し明るいくらいのほうが綺麗に見えるかもしれません。

この写真がスマホの限界でした。

乗船料金

1人 1600円

乗船時間

便出航時刻到着時刻
117:5518:25
218:3519:05
319:1519:45
419:5520:25
520:3521:05
621:1521:45

大聖院

宮島の山の中には「大聖院」と呼ばれるお寺があります。
こちらはスピリチュアルなスポットで、お地蔵さんが大量に並んでいます。

地蔵がずらりと並んでいますが、実は正面を見ると長い階段があります、、、

大聖院には時折可愛らしい地蔵もあるためついつい足を止めて見てしまいます。

鐘も鳴らすこともできます。
いい音が鳴り響き、せっかくの機会なので鳴らしてみてください!

階段を登りきった後には今度はお地蔵さんではなく、仏様がいらっしゃいました。
それも大量に、、、

何か映ってそうな気がしますね、、、、

五重塔

宮島市内には五重塔があり、写真映えするスポットだと思います。
山のほうにあるのですが、近くで見るとやはり朱色に輝く塔は色鮮やかで美しいです。

すぐ横には千畳閣という建物があります。
こちらは高床で作られており、四方に壁がなく柱だけなので非常に風通しがよく気持ちいいです。

中からこのような写真をとることができました。
柱で囲まれたこの景色はまるで額に入った絵が飾られているようでした。
時期は夏場で新緑がまぶしいのですが、秋になると紅葉し、冬になると雪景色、春はピンクに染まってくるのでしょうか。想像するとついその時期に来たくなっちゃいますね。

弥山

弥山(みせん)は自然豊かで紅葉を味わえる季節を感じられるスポットです。
弥山まではロープウェーで行くことができ、山頂から見る景色は瀬戸内海を一望できます

ロープウェーで弥山についたら、そこから山頂まで歩かなければなりません。
頂上まで言たどり着くには約40分歩く必要があります。


この日は真夏日で暑すぎたため、行くことができませんでした。

山頂までいかなくても十分綺麗な景色を見れるため無理に歩いて登っていく必要はないと思います。
ロープウェー乗り場付近から見れる景色も瀬戸内海を一望でき、心穏やかになれる場所でした。

ロープウェー料金

ロープウェイは少し料金が高めです。
しかし、割引料金がありますのでそちらを説明していきます。

お得な割引情報

こちらの乗車券は「一日バス乗り放題パス」です。

1つ840円で購入することができます。
こちらを購入しておくとロープウェーが1,350円で乗ることができます。
なんと450円も割引されます!!

こちらの乗車券は市内電車が何回でも乗れたり、宮島行のフェリーが無料になったり、お土産のもみじ饅頭がもらえたりする優れものです。

うまく使えば簡単に元が取れるチケットになっているため、購入していたほうがいいと思います。

ちなみにお土産のもみじ饅頭は売店で販売しているものなので、お得感満載です。

まとめ

広島の宮島では厳島神社だけではなく、実は1日で周ることができないくらい満喫することができます。
厳島神社の時間によって変わる景色を見ることもできるので、島内で宿泊することをお勧めします。

今回私は夏に行って緑を味わったのですが、季節的には秋にほうが一番いいかもしれません。
紅葉する木々ばかりなので、美しい景色を見られると思います。

私も秋にもう一度行ってみます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました